Update

ストリートビューを

​撮影するメリット

ストリートビューとは

撮影方法と規定

ストリートビューの

閲覧方法・活用方法

 

ストリートビューとは

ストリートビュー(屋内版)は、道路だけでなく、施設内、店内も360°パノラマ画像で見る事ができるサービスです。 WEB 上で、まるでその場にいるかのように施設内を見渡す事が出来るため、雰囲気や広さなど、写真では表現しきれなかった施設の様子や魅力を発信する事が可能です。

<撮影施設>

ホテル・旅館、結婚式場、学校、病院、貸し会議室、レンタルスペース、飲食店、小売店、美容室、エステ、 ショールーム、オフィス、ライブハウス、スポーツジム、ゴルフ場、キャンプ場、スタジアム、遊園地、寺院、 観光施設、文化施設、介護施設、老人ホームなど

ストリートビューは「Googleマイビジネス」に紐づけられ、様々なGoogleサービスでユーザーに閲覧されます。

ストリートビューの変遷

室内版ストリートビューの撮影が始まった2010 年当時は「おみせフォト」という名称でした。

その後2014 年に「Googleインドアビュー」という名称に変更となり、2015 年にはインドアビューは道路を撮影したストリートビューと統合され、「Googleストリートビュー」に名称が統一されました。

ストリートビューを撮影するメリット

1.Googleストリートビューの公開でユーザーの興味関心が2倍にUP

360°のバーチャルツアーを公開することによってGoogleマップやweb 上で、実際に行く前に店内や施設内を見渡す事ができます。 スマートフォンやタブレットにも対応し、その場にいるような臨場感が得られます。

2.Googleマイビジネスとの連動で情報発信

ストリートビューはGoogleマイビジネスに紐づけられる為、GoogleマップやGoogle 検索、Google+の各種サービスと連動する事になります。情報発信の方法が増える事でユーザーの利便性も向上し、集客力UP も期待できます。

2.MEO対策に効果があり検索結果に有利

Googleマイビジネスに紐づけられたストリートビュー はGoogleの検索結果にも影響を与え、表示順位の改善にも期待できます。